とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき
 生活者の視点で、わかりやすい情報を基本とし、法律や経済、くらしの様々な有益な情報をコラムとして、学識経験者や専門的な分野で活躍する方々に寄稿していただいたものを掲載しています。

バックナンバー
鳴門・高島の渡船                2021/ 4 Vol.123
         〜夕陽は美しい撮影スポット〜

 全国紙の地方面に掲載されている短歌欄の歌が目に留まった。
  
 渡船にはいろんな人が乗ってくる
      いろんな国の言葉が聞こゆ  

 の歌である。渡船というちょっと離島を思い出させる語句といろんな国の言葉・外国の人と思われる人のアンバランスが面白い。

 歌った人が鳴門の方なので、鳴門の渡船の中でも高島の渡船と思われる。高島には鳴門教育大があり、学部の学生から社会人、現職の教員、更に最近は外国の研修生や研究生など広い年代の人が学んでいる。

 鳴門から高島へは、小鳴門橋が架かっているのだが、船の通行のため平面橋ではないので、自転車で橋を渡るには大変で、徒歩や自転車の方、高校生や大学の学生・院生たちは渡し船を使っている。

 夕陽が高島のかなり長い船着場の桟橋を真っ赤に染める頃、渡し船が離発着すると、通りかかる船があれば、それらの波は重なり合いながら、夕陽を反射するのである。写真愛好家の一度は訪れる撮影スポットになっている。

 私は30余年前に通学した思い出の大学への渡船であるが、院生と学部1・2年生で外国の方は見かけなかった。昨今の風景は変わり、現職で通った院生時代を懐かしく思い出させてくれた。

 歌を詠んだのは私が教員をしていた20年ほど昔に、1年ほど担任した生徒さんである。可愛い、心優しい、小鳥や草花にも心を寄せていた。いつもニコニコして楽しそうに通学していた。嬉しい歌だ。そして、彼女は今も歌そのままに私には15歳の少女である。
(写真は夕陽が沈む前の高島の渡しの風景)
               徳島広域消費者協会 顧問 三原茂雄


バックナンバーはこちらから
くらしのコラム
データでとくしまを知ろう!数字でカフェ
マネーに興味津々

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階