とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき
 生活者の視点で、わかりやすい情報を基本とし、法律や経済、くらしの様々な有益な情報をコラムとして、学識経験者や専門的な分野で活躍する方々に寄稿していただいたものを掲載しています。

バックナンバー
ちゅう、ちゅう、たこ、かい、な        2020/7 Vol.114
         〜スタートは0なのか1なのか〜
 私達が使っている数字は、いわゆる西洋数字である。10進法という数え方を使っているので10種類の数字がある。10種類の数字とは、和数字から明治に洋数字になった。
 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十 
和数字は一からはじまり、
 0、1、2、3、4、5、6、7、8、9
洋数字は0から始まる。

 ある国のデパートに入ると、そこは地階であり、上の階は当然のこと1階になる。それに引き換え、日本では、1から始まるのである。ほぼどこのデパートも入ったところは1階であり、その上の階は2階である。更に、子どもの年齢も、昔の年齢計算は生まれたときに1歳であり、後から1年、1年を重ねていくのである。最近は生まれた時には0歳である。それから1年を経て1歳になる。条例で満年齢、西洋式に国が決めたのである。

 話は変わるが「人一倍」と言う表現がある。これは人の2倍と言う意味であるが、明治になるまでの和算では、数字として甲(数学のXである)について、「甲+甲を甲の一倍、甲+甲+甲を甲の二倍、甲+甲+甲+甲を甲の三倍・・・」であったが、太政官布告で、「甲(甲×1)で一倍、甲+甲(甲×2)を二倍 甲+甲+甲(甲×3)は三倍・・・」のように決めたのである。分かり難いが、甲を加える、は不自然である。だから、すでに甲があり甲を加える、甲+甲で甲の一倍であった。加える・倍の言葉が生きていたのである。0の概念が入ってきて、0+甲が、甲を一回加えるので、一倍の言葉となるわけである。

 偶数の数を数えるときの、ちゅう、ちゅう、たこ、かい、な、の数え方は、最初2を示して(すでに2があり)、「ちゅう(4)、ちゅう(6)、たこ(8)、かいな(10)」であったと思われる。倍数の理屈で述べたように1回目を、ちゅう(2)、にすれば、10にならないので、最後の、かいな、を、かい、と、な、に一呼吸置き、分けると「ちゅう(2)、ちゅう(4)、たこ(6)、かい(8)、な(10)」となり、たこの足が6に対応、かいな(腕)の2本が、訳の分からない、“かい”が2本、“な”も2本に分離された。所によると「ちゅう、ちゅう、たこ、かいな、とお」とも数える。
 わらべ歌の数え歌も西洋化の影響を受けたとの私説である。
 (写真は、お弾き、昔は小さい女の子の遊び道具だった)
              徳島広域消費者協会 顧問  三原茂雄


バックナンバーはこちらから
くらしのコラム
データでとくしまを知ろう!数字でカフェ
マネーに興味津々

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階