とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき
 生活者の視点で、わかりやすい情報を基本とし、法律や経済、くらしの様々な有益な情報をコラムとして、学識経験者や専門的な分野で活躍する方々に寄稿していただいたものを掲載しています。

バックナンバー
ぼたもち・おはぎ・はんごろし         2020/9 Vol.116
        〜違いが見えない〜

 ちょっと恥ずかしい話であるが、私は今でも、ばたもち(牡丹餅)、おはぎ(御萩)の区別が分からない。小豆の餡で包んであるのが、ぼたもち、黄な粉で包んであるのを、おはぎ、と思っていた。一年中みられるが、昔はお彼岸ころに出てくる食べ物で、季節とは切り離せないものであった。牡丹の花、萩の花とは無関係ではなく、大豆を牡丹の花に見立てて、ぼたんもち、また、秋の萩の花に見立てて、おはぎもち、と言われたとも言われる。

 言われてみればと思う識別に、丸い形が、ぼたもち、であり、俵の形が、おはぎ、と言う人もいるようだ。これは外見から判断出来て識別しやすいが納得はし難い。また、もち米で作ったものを、ぼたもち、といい、うるち米で作ったものを、おはぎ、という説もあるようだ。このように調べてみるほど、明確に納得する定義は見つからなく、更に分からなくなっている。私は、餡で包まれたものが好きで、ぼたもち、の言葉も好きである。

 ここまで書いてきて思い出したのが、那賀地方の「はんごろし」である。まだ車の運転免許を持っていたころ「もみじ川温泉」の前にある道の駅で数度購入したことがあるのが「はんごろし」である。よく分からないが、米粒を半分つぶしたものを使用した「ぼたもち」のことらしいのだが、私は、はんごろし、は大好きで、やはり、どこかで、ぼたもちともおはぎとも異なっているように思える、思いたいのである。

 面白いのでメモしていたものを記すと、
「ぼくの相生の おばあちゃんは おはぎ のことを はんごろし って言う ほんなら おもちはって聞いたら ほら みなごろし じゃわだ と言って笑った」と言う作文(詩かな)がある。ぼたもち、おはぎ、はんごろし、はすべて同じ分類になるようだが、私のお勧めは、はんごろし(半殺し)である。(※)

 やがて秋の彼岸が来る。お供えの和菓子の焼き印が源氏香の「花散る里」(この欄に書いたことがある。Vol.61)であることを楽しんでもらいたい。

(写真は、おはぎ、との名前で販売していたもの)

※はんごろし(半殺し)は、個人に使い、みなごろし(皆殺し)は複数に対して使う、異次元の言葉を同一次元で論じているのが面白い。

               徳島広域消費者協会 顧問 三原茂雄


バックナンバーはこちらから
くらしのコラム
データでとくしまを知ろう!数字でカフェ
マネーに興味津々

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階