とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき

【2008年4月 (レシピ)】
わかめのピラフ(4人分) No.4/9
<材料> わかめ 50g、ごはん 茶碗4杯分、 玉ねぎ 1/2個、小エビ 200g、青ピーマン 1/2個、赤ピーマン 1/4個、黄ピーマン 1/4個、バター 20g、塩・こしょう 各少々

<作り方>
1. 玉ねぎはみじん切りにして、小エビは塩ゆでして皮をむく。
2. 彩りよく仕上がるよう、青・黄・赤それぞれのピーマンの大きさをそろえるのがコツ。
3. ピーマンはそれぞれ5mm角の角切りにする。わかめは適当な大きさに切る。
4. フライパンにバターを入れて熱し、玉ねぎ、ピーマン、小エビの順で炒める。
5. ご飯を入れ、塩・こしょう各少々をふり、よく炒め合わせる。わかめを加えて味をなじませ、皿に盛る。 

※隠し味で、少量しょうゆを加えても風味が増す。

◇ 鳴門の名産でつくる、簡単おいしい家庭料理「鳴門菜々」(鳴門市経済部商工観光課 編集・発行より)
http://www.city.naruto.tokushima.jp/contents/saisai/index.html

いちごジャム(160g) No.4/16
<材料> いちご 1パック(約300g)、グラニュー糖 100g、レモン汁 大さじ1

<作り方>
1. いちごのヘタを取り除きジューサーでつぶす。
2. 鍋にジュース状になったいちごにグラニュー糖を加え火にかける。アクを取り砂糖が溶けたら火を止め、レモン汁大さじ1を加える。
3. 冷ましたいちごを熱湯処理した瓶に移し、冷蔵庫で保存する。

※いちごを火にかけるときは、温度を80℃以上にあげないこと。煮詰めると味・風味が落ちます。

              (美馬市消費者協会会長 宇山さんより)

にんじんのなんちゃって焼きそば No.4/23
<材料> にんじん 1本、ちくわ 2本、青のり 適量、ウスターソース 大さじ2、油 大さじ1

<作り方>
1. にんじんはせん切り、ちくわは3cm長さの細切りにする。
2. フライパンに油を熱し、にんじんをしんなりするまで炒め、ちくわを加えて炒め合わせる。
3. 2にソースをかけて混ぜ、器に盛り、青のりを散らす。

※にんじんが苦手でも、ソース味でいっぱい食べれる。手早く作れて青のりをふりかけて、見た目もきれい。
エネルギー:75kcal、タンパク質:1.9g、脂質:3.8g、炭水化物:8.2g、カルシウム:20mg、塩分:0.9g

◇ 藍住町役場主催「平成19年度野菜アイデア料理コンクール」より

なると金時と小柱のかき揚げどん No.4/30
<材料> なると金時 150g、小柱 12個、えだまめ 20粒、にんじん 1/2本、卵黄 2個分、水 220cc、薄力粉 1カップ
天つゆ・・かつお昆布だし 300t、こい口しょうゆ 100t、みりん 100t

<作り方>
1. なると金時は繊維にそって千切りにする。にんじんは皮をむいて千切りにする。(マッチ棒サイズ)
2. 小柱は塩水で洗っておく。えだまめはゆがいて粒を出しておく。
3. ボールに卵黄、水、薄力粉を入れ、衣をつくる。
4. 別のボールに1.と2.を入れ、3.を加えて混ぜ合わせる。
5. 180°Cに熱した油でかき揚げにする。
6. 天つゆは一度沸かしておく。
7. ごはんを入れ、かき揚げをのせ、上から天つゆをかけて、出来上がり。 

※ポイント
かき揚げは一度にたくさん入れると温度が下がり、カリッとなりにくいので、鍋の大きさによって調整する。

◇ 鳴門の名産でつくる、簡単おいしい家庭料理「鳴門菜々」(鳴門市経済部商工観光課 編集・発行より)
http://www.city.naruto.tokushima.jp/contents/saisai/index.html

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階