とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき

【2009年1月(レシピ)】
鏡開きのお汁粉(4人前) No.1/7
<材料> 鏡開きの餅、小豆 200g、砂糖 200g、塩 適量 

<作り方>
1. 小豆を鍋に入れ豆の3〜4倍の水で強火にかけ煮立て、ゆでこぼしをしてアクを取ります。
2. 小豆を鍋にもどして、4〜5倍の水を入れて中火にかけ沸騰させる。もう一度ゆでこぼしをしてアクを抜き去ります。
3. 再度鍋に小豆とたっぷりの水を入れて沸騰したら弱火にして1時間位豆の芯が柔らかくなるまで茹でます。
4. 豆と同量の砂糖と塩少々で味付けして、弱火のまま10分程度煮ます。最初は少なめに砂糖を入れ、好みの甘さを調整しながら味付けしてください。
5. 適当な大きさの餅を焼いて、器に小豆、焼き餅を入れてできあがり。小皿に塩昆布又はふきの佃煮などを添えればなおよいでしょう。

                             (徳島市 吉田さんより)

あずき粥(十五日粥)(4人分) No.1/14
 小豆粥(あずきがゆ)を食べると、1年間の邪気を祓い無病息災で過ごせるといわれています。1年中病気をしないようにと1月15日の朝食に粥をいただく風習が残っています。

<材料> 米 1カップ、あずき 1カップ、塩 少々

<作り方>
1. お米を研ぎ、鍋に水・7カップと米を入れ、30分ほど置きます。
2. あずきは綺麗に洗って鍋に入れ、あずきの5倍の水を加え火にかける。沸騰したら弱火で5分ほど煮詰め茹で汁を捨てる。再び5倍の水を加えて軟らかくなるまで煮たらザルに移しておく。
3. 米は強火にかけ煮立ったら、米をよく混ぜほぐし茹であずきを入れて弱火にし、時々混ぜながら約40〜50分吹きこぼれに気をつけながら炊きます。お好みで塩少々を振り出来上がりです。
                            (三好市在住 山田さんより)

みそ煮込みうどん(2人分) No.1/21
<材>料 うどん 2玉、阿波尾鶏もも肉 60g、かまぼこ 適量、白菜 2枚、白ねぎ 1/2本、春菊 1/4束、干ししいたけ 2枚、しめじ 適量、卵 2個
(A) だし汁 3カップ、 赤味噌・白味噌 各大さじ1、酒 大さじ3、砂糖 小さじ1

<作り方>
1. 干ししいたけは水で戻し、千切りにする。
2. 阿波尾鶏もも肉は一口大に切り、白菜は3〜4cm幅に切る。
3. かまぼこは5mm幅程度に切り、白ねぎは3cm幅の斜め切り、春菊は茎の部分を取り除く。
4. (A) を土鍋に入れて火にかけてうどん玉、鶏もも肉、白菜、きのこ類を加えて煮る。
5. 火が通ったら、3 の具材と卵をのせ、ひと煮立ちしたら蓋をして火を止め2〜3分蒸らす。

                           (美馬市在住 長江さんより)

れんこんのおろし焼き(4人分) 〔1人分約120kcal〕 No.1/28
<材料> れんこん 200g、マヨネーズ 大さじ2、卵 1/2個分、片栗粉 大さじ2、ねぎ 2本、ちりめん 20g、むきえび 80g、酒 小さじ 1、油 小さじ2、レモン 1/2個

<作り方>
1. れんこんは皮を取り、分量の半分をすりおろし、残りの半分を粗いみじん切りにする。ねぎは小口切りにし、むきえびは1cm 幅に切って酒を振りかけておく。
2. ボールに 1.とマヨネーズ、卵、片栗粉、ちりめんを入れて混ぜる。
3. フライパンを火にかけ、油をしく。 2.をスプーンかお玉ですくって、直径5〜6cm 位に広げ、中火で両面をこんがりと焼く(1人2枚)。
4. 3.を皿に盛り、レモンをくし形に切って添える。

◇徳島県立男女共同参画交流センター「フレアとくしま」冬レシピより
               男女共同参画専門員 管理栄養士〔 加川 悦子さん 〕

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階