とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき

【2010年7月(レシピ)】

〔料理コンテスト作品〕鳴門鯛のふわっとろっあんかけ団子(4人分) No.7/6
<材 料> 鳴門鯛 200g、豆腐 1/2丁、さやいんげん 30g、片栗粉 大さじ1強、片栗粉(まわりに付ける) 適量、塩・コショウ 少々、しょうゆ 小さじ1
あんかけ(にんじん 30g、たまねぎ 100g、えのき 100g、エリンギ 50g、生しいたけ 30g、だし汁 200cc、しょうゆ 大さじ3 1/2、砂糖 大さじ1弱、ねぎ 1本)

<作り方>
1. 鳴門鯛は、すり鉢でつぶしておく。豆腐はさらしで包み、水気を切る。さやいんげんは細かく切り、湯がいておく。
2. 1. と片栗粉、塩、コショウ、しょうゆを入れ混ぜておく。
3. にんじん、たまねぎ、エリンギ、生しいたけは千切りに、えのきは半分の大きさに切る。
4. だし汁、しょうゆ、砂糖は合わせておく。
5. フライパンに油大さじ1を垂らし 3. を入れ炒める。4. の合わせ調味料を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
6. 2. の具材をだんごの形にして片栗粉をつけ、170℃の油でカリッとするまで揚げる。揚がっただんごに5. のあんかけをかけ、刻みねぎをのせる。

◇ 新鮮なっ!とくしま通信 カンタンレシピ集より
第4回「新鮮 なっ!とくしま」ブランド料理コンテスト(H21 JA全農とくしま主催)優秀賞
http://our.pref.tokushima.jp/nattoku/recipe/list1s.php?i=95

〔料理コンテスト作品〕阿波の豚マキマキ(4人分)
No.7/13
<材 料> 豚スライス 600g、だいこん 1/2本、もち短冊 4本、にんじん 1/3本、ほうれんそう 40g、しいたけ 4枚、オクラ 4本、なると金時 100g、梅干し 2個、マヨネーズ 大さじ3、しょうゆ 小さじ3、いんげん 12本、ミニトマト 8個、油揚げ 4枚、塩 少々

<作り方>
1. にんじん、しいたけ、オクラ、なると金時を適当な大きさに切り、竹串が通るくらいまでレンジで加熱。
2. だいこんをスライスし、塩水につけておく。油揚げの中にもちを入れておく。
3. しんなりとしてきただいこんの上に豚スライスをのせ、それぞれの野菜を2種類ずつのせて巻く。
4. 巻いたものをレンジで火が通るまで加熱。
5. 梅干の種を取り、包丁で叩いてマヨネーズとしょうゆを混ぜる。

◇ 新鮮なっ!とくしま通信 カンタンレシピ集より
第3回「新鮮 なっ!とくしま」ブランド料理コンテスト(H20 JA全農とくしま主催)最優秀賞
http://our.pref.tokushima.jp/nattoku/recipe/list1s.php?i=84

〔料理コンテスト作品〕阿波尾鶏のカレーしょうゆソテー(4人分) No.7/20
<材 料> 阿波尾鶏 280g、れんこん 200g、生しいたけ 100g、ブロッコリー 50g、にんじん 10g、だし汁 300ml、カレー粉 小さじ1、炒め油 適量、小麦粉 適量、塩・コショウ 各少々、レタス 50g
調味料A [カレー粉 小さじ2、しょうゆ 大さじ1.5、酒 大さじ2、砂糖 大さじ1.5]

<作り方>
1. 生しいたけはいちょう切り、にんじんは千切りにする。ブロッコリーは小房にわけ、れんこんは半月切りにし、やわらかくゆでておく。
2. 阿波尾鶏に、塩・コショウ・カレー粉(小さじ1)をまぶす。さらに小麦粉をまぶし、軽くたたく。
3. フライパンにたっぷりめの油をしいて 2. を両面こんがりと焼く。
4. 3. のフライパンでれんこんを炒める。さらに生しいたけも加え、だし汁・調味料Aを加えて煮つめる。煮汁が少なくなったら阿波尾鶏、ブロッコリーを加える。さらににんじんも加えてさっと煮て火を止める。
5. 器に、食べやすい大きさにちぎったレタスとともに盛り付ける。

◇ 新鮮なっ!とくしま通信 カンタンレシピ集より
第4回「新鮮 なっ!とくしま」ブランド料理コンテスト(H21 JA全農とくしま主催) 審査員特別賞
http://our.pref.tokushima.jp/nattoku/recipe/list1s.php?i=93

とくしまブランド「鱧っこ丼」(2人前) No.7/27
<材 料> 徳島県産米 260g、はも 100g、塩・こしょう・溶き卵・パン粉 各少々、揚げ油 適量
とんかつソース 大さじ2、ケチャップ 大さじ2、柚子こしょう(赤) 少々、タルタルソース(すだちとゆず風味入りのもの)、キャベツ(千切り) 40g、ほうれんそう(した茹で) 40g、れんこん(素揚げ) 10g、プチトマト 2個、ゆずの皮 少々

<作り方>
1. 骨きりしたはもに塩コショウをふる。
2. 1. に小麦粉、溶き卵、パン粉を順にまぶす。
3. 揚げ油を170℃に熱して 2. を揚げる。
4. とんかつソースとケチャップと柚子こしょうを混ぜ合わせる。
5. 丼にご飯を入れ 4. のソースを薄くかけ、キャベツを敷く。
6. はもカツをのせて、残りの 4. のソースかける。
7. タルタルソースをかけて、付け合わせのほうれんそう、れんこん、プチトマトを盛り付ける。
8. 最後にゆずの皮をのせる。

◇ 徳島県ブランド戦略総局とくしまブランド戦略課「とくしまブランド」丼レシピ 優秀作品より
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2010031500231/

※ はも料理が有名な京都でも、市場で取り扱われている量は徳島産が大部分を占めています。
  鳴門海峡から南の海に面した紀伊水道は、吉野川、那賀川など、大小数多くの河川から自然の恵みが流れ込む栄養豊富な漁場。水深60メートル前後のなだらかな砂泥質(さでいしつ)の海底では、豊かな脂と身を持つ天然の鱧が育ち、全国屈指の大産地となっています。

◇ 徳島産 鱧のなるほど知識!は、徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所
http://www.pref.tokushima.jp/files/00/01/24/85/s_dayori/s_dayori75-4.pdf

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階