とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき

2009/10/21
消費者教育啓発 コラム
 消費者情報センターでは、消費者教育の普及・推進に関する業務を行う「消費者教育啓発普及員」を新たに設置しました。
 啓発普及員「羅王」が、消費者教育啓発に関するコラムをまじめに、楽しくお送りいたします。

<最終回 伝承者の道>
 今回は、とうとう最終回ということになってしまった。6月から今日まで長かったような、あっという間だったような、複雑な(言うなれば卒業式のような)感覚だ。それはさておき、今回は最終回ということで、今までの復習をしたいと思う。
 第1回から前回まで、1962年にケネディ大統領が発したコンシューマー・ドクトリン(Consumer Doctrine)、すなわち「消費者の利益保護に関する特別教書」において宣せられた消費者の守られるべき4つの権利と、消費者教育を受ける権利について述べてきた。なぜ、50年近く前のことであるこの4つの権利と消費者教育を受ける権利をコラムの題材に選んだのかというと、まず第一に日本の消費者の権利意識が芽生えていないこと、第二にわが国において消費者の権利の法制化が従来の消費者保護基本法を2004年に改正した消費者基本法に明記されてからであること(これは、アメリカより42年遅れている)、第三に消費者教育の継続的かつ系統的な教育体系を築くには外すことができない、以上の3点からだ。
 今後の消費者教育がどのように発展していくのか・・・様々な認識があるため正直想像はつかない。しかし、今後も消費者教育の継続的かつ系統的な教育体系を築くため尽力していきたい。
 これまでの読者の皆様のご愛読に感謝しつつ、筆を置くことにしたい。合掌

◇第1回〜第5回の伝承者の道

◇第6回〜第10回の伝承者の道

◇第11回〜第15回の伝承者の道

◇第16回〜第19回の伝承者の道
 


特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階